書籍・雑誌

なんだかんだ

なんだかんだ
最近のまとめ読み作者は荻原浩

最新刊

上巻半分までは辛かったな…
さっぱり意味不明
最後まで読めるか不安でしたが
そこから一気に読破
終ってしまう寂しさまで感じるとは
さすが荻原浩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荻原浩

荻原浩
最近好んで読んでます

大人な作風でいいです

この本、渡辺謙主演で映画化されたようですが見てない

50歳で若年性アルツハイマーになる物語

ドンピシャ過ぎて最後まで泣かずに読めるか心配です(笑)


そういえば
池井戸さんの新刊
銀翼のイカロス
航空オタクには少し物足りないけど
銀行話だから仕方ない(笑)
3日で読みました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池井戸潤さん完読

途中ハリーポッターに行きましたが無事完読


最後にタイトルから置いておいた【最終退行】


お得意の銀行ネタなんだが違う意味で面白かった


さて


映画の前に【永遠の0】を急いで読まねば!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

完読

完読
今更ですがシリーズ完読しました(-_-;)

一気に読んだらストーリーが良く解ったよ

家の本棚に並んでたんだが…ようやくたどり着いた

しかし持ち歩くには重い重い

よし
池井戸さん完読に向けて再スタートだ
あと4冊

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初版

初版
古本屋で


探してた本が初版だった


なんだかうれしい(^o^)/


もちろん古本屋では初版探しになるのですが(笑)


あっという間に読破


面白かった

| | コメント (5) | トラックバック (0)

本屋

Book


読みたいシリーズが並んでいた

読む暇ないのでスルーcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受賞作品

2011021608200000

今更ながら読みました


いろいろ言われてましたが、個人的には面白かったと思う


テンポもよく、先が読みたくなる作品だと


中身はというと、そこは賛否両論あってしかるべきな訳だし


書籍とは、そもそもそういうものだと思う


| | コメント (4) | トラックバック (0)

大胆なタイトル

2010121410380000_2

師走

普通に忙しい

こんな本を御紹介します


タイトルの割には200ページぐらいと少ない(笑)


電車の車内で隣に読んでる人がいたらどう思いますか(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

最高の涙

2カ月ぐらい前に読んだ本。

フジ系の安藤幸代アナの、アメリカに渡った宮里藍プロとの密着手記。

2010030422170000

日本に敵なしの宮里が、アメリカ女子ツアーに行って4年間。

去年初優勝で流した最高の涙の軌跡が書かれています。

 

そんな宮里が初戦-2戦目と連勝のスタートを切った。

努力は嘘をつかなかった。

初優勝は偶然ではなかった。

 

立場と期待。

結果と不安。

 

見習うべき姿勢がそこにありました。

 

 

「自信」とは自分を信じる事か。

「自信がある」とは、自分を信じる事が出来るという事か。

 

まずは自分を信じ、自分と向き合う事なんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作家の死去

好きな作家の死去は、ちょっと悲しかったりしますね。

まったく知らなかったのだが、去年の12月に「内田幹樹」さんが亡くなっていた。

あまり知られていない作家なのだが、元パイロット(747機長)で、専門用語も飛び交うスリリングな物語の展開が、とても好きでした。

現役引退後の作家生活でしたから、作品数も多くなく、66歳という若さ。

たぶん全ての作品は読んだと思うが、まだまだ読んでいたかった作家さんでした。

遅くなりましたが、、、合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)